« | Main | »

Thursday, 27 July 2006

実は22、24、26日と強制的にオフを入れて街中を徘徊していました。

8月も半オフくらいなら作れそうなのですが、もう全オフはありえなさそうなので今のうちに遊んでおくのですよ!!ギャフンギャフン=☆

そういうわけで、映画『ハチミツとクローバー』を観てきました。

しかも初日にひとりで。。。(-。-)

原作は未読で、予告だけを頼りに唐突に観に行ったのですが

すっ

……

…………

ごく、良かったですよ!!

蒼井優さんが演じるはぐちゃんがあまりにも可愛すぎてですねっ!

くぅ☆

むしろはぐちゃんを飼いたいよ、家で……と妖しい妄想をかきたてつつ観ていました。(←やめて)山田役の関めぐみさんも切ない役どころですが、とても自然で等身大の女の子という感じ。

お客さんは男性の方が多く、女性とあわせても半々くらい?初めはその客層の比率に驚いていたのですが、映画自体があまり女性的すぎることなくサラリとしたニュアンスで恋愛模様を描いているので比較的観やすかったのではないかと思います。

背景美術も男性の好きそうなレトロなからくりが多かったです。都築響一さんの『TOKYO STYLE』(ちくま文庫)のような今は亡き昭和の装いで、潰れかけた美大裏商店街もリアルでした。

音楽はアニメファンにはおなじみの管野よう子さん。今回も不思議ワールド全開でしょっぱなから飛ばしまくっていました。(^-^;)

サントラも購入しましたが、映画導入部分でかかる3曲はやはり菅野さんならではのスピード感で素敵でした。(Take01~03あたり)他にもいろいろとありますが私はやはり『YOU』が一番好き。とても短い曲ですが、映画館で流れた予告で使われていたので耳になじみが良い感じです。そして妙に創作意欲を掻き立てられるフレーズゆえに、現在手をかけているアンソロジーのネーム作業中にバリバリかけまくっています。

本編で惜しかったのは主題歌がスピッツと嵐の二段構えだったことでしょうか?最後の最後で世界観が二分されてしまったので、どちらか1本に絞ってほしかったです。タイアップはまぁ、大人の事情なのでしょうけれども……。

個人的にはスピッツの『魔法のコトバ』の方が映画のイメージにあっていて好きです。

追伸:Aboutにて最新のお仕事情報を更新しました。

|

« | Main | »