« | Main | »

Wednesday, 20 September 2006

今日から動物愛護週間ですね。

そういうわけで、少し真面目に書いてみました。

今現在ぺットを飼われている方も、そうでない方もこの1週間でいろいろと考えていただけたらなぁと思います。

世の中は空前のぺットブームですが、その引き換えに殺処分される犬猫が年間30万頭にも上ります。我が家にも愛犬のハナちゃんがいますが、最初に彼を飼おうと決意した時に最後まで面倒をみれるかどうかでかなり悩みました。

幸い(?)ハナちゃんは体重3㎏の小型犬なので治療費も食費も比較的安め。寝たきりになっても片手で床擦れを直してあげられますし、自宅が仕事場なので終日お世話が出来ます。

年老いて面倒をみるのが大変だからと保健所に殺処分を依頼する飼い主さんたち。でも殺処分はガスによる窒即死なので安楽死ではありません。小さなガス室で悶え苦しみながらたくさんの犬猫たちが毎日殺されつづけているのが現実です。

繁殖してしまうのが嫌であれば去勢手術を。鳴き声などのトラブルがあるのであれば、飼い主さんの飼育管理を改めなければいけません。ぺットを飼うには多分にお金と知識が必要です。

その場の思いつきでぺットを購入してしまう人が多いこの頃、最後まで愛情と責任をもって飼育してほしいと心から願っています。

Dscn0517

|

« | Main | »