« December 2008 | Main | February 2009 »

January 2009

Friday, 23 January 2009

関節の手術をしたハナちゃんです。

痛々しいはずの包帯が、ちまぎょろさんが可愛い包帯で巻いてくださったので可愛らしくなりました。

ありがとうーlovely

経過は良好で、元気にしています。

Dscn2330

|

Thursday, 15 January 2009

半日の滞在でしたが、奈良はやっぱり面白い!人も温かいですし、食べ物も美味しいですし、歴史に名を残す建築(世界遺産)も多いですからね。

いいなぁ、奈良。私も奈良に住みたい。。。house

帰りがけに小西通り店『靴下屋』さんの店長さんにお声かけしましたら、覚えていらっしゃって嬉しかったです。店長さん、その節は有難うございました。鹿靴下も新作が出ていて、鹿とソメイヨシノのパターンですから剛ファンにはオススメですよ。(と、書かなくとも剛ファンがガンガンいらしているらしいですがsweat01

今回の関西旅行、本来の目的はキンキさんのツアーファイナルに参加することでした。大晦日と元旦があまりに楽しくて、今だに頭がふわっふわしていますけど。。。

コンサートスタッフの皆さんも半年間お疲れ様でした。写真はカウントダウンと元旦オーラスで飛ばされた銀テープ。年末進行で忙しかったのでしょう、

Birthdayのスペルが間違っています。

ちょ、スタッフーpaper

Dscn2287

|

Wednesday, 14 January 2009

ハナちゃんには鹿のぬいぐるみを…。。。

もぉ、壊してるし……downdowndown

Dscn2203 Dscn2296

|

Tuesday, 13 January 2009

鹿つながりで、鹿ふきん。

白雪ふきんは奈良で生まれた麻織物(奈良晒)をルーツにした、良質なふきんです。大仏様の年に一度(8月7日)のお身拭いにも奉納されているとか。デザインが豊富で値段も手ごろなので、お土産に沢山購入しました~moneybagshine

『白雪ふきん』の公式HPはこちらから!
http://www.shirayuki-fukin.com/

通販はこちらから!
http://www.kita-ya.com/

Dscn2278

|

Monday, 12 January 2009

春日大社の大杉と、お土産の鹿みくじと鹿クリップです。

奈良に出向くとむやみやたらと鹿グッズを買ってしまう自分が恐ろしい。。。

大杉はご神木なので、なかなか写真に収めづらかったですね。気のせいかもしれませんが、ご神木を撮るときは心の中で手を合わせてからでないと乱反射をしたりぶれたりすることが多いのですcameraimpact

ご神木自身の力なのか、神社と言う場に集まる気のせいなのかは…よくわからないのですが。見えなくとも想いのようなものはやはりあるようで、大人になってからの方が気にするようになってしまいましたtyphoon

Dscn2149 Dscn2251

|

Sunday, 11 January 2009

『鹿男あをによし』のロケ地として使われた飛火野です。(剛さんもアルバム『I AND 愛』の撮影で訪れています)

ここで小川先生は鹿に声をかけられたのですねーheart01

小川先生が水浸しになった小川も流れていますよ…。(てっ!まさかアレは小川と小川の掛け合いのつもりだったの!?ごめんなさい、今気がつきましたsweat01

あをによしは奈良にかかる枕詞だと習いましたが、万葉集にあります「あをによし寧楽(なら)の京師(みやこ)は咲く花の薫(にほ)ふがごとく今盛りなり」は今にも情景が目に浮かぶようで美しい歌だと思います。

Dscn2154Dscn2161

|

Saturday, 10 January 2009

『コミックエール!vol.10』本日発売!!
タイトルは『ホーリー☆ホーリー』

シスターのノアちゃんがお送りするハートフル・ファンタジーです。ちょっと疲れたときに読んで和んでいただけたらいいなぁ…と思い描かせていただきましたconfident

3回連載の予定ですので、応援をよろしくお願いいたします。

『コミックエール!』の公式HPはこちらから!
http://www.comicyell.com/

|

Friday, 09 January 2009

言わずもがな、東大寺の大仏様です。

正式名は毘盧遮那仏(びるしゃなぶつ)ですね。

参拝客が多かったせいか、小学校の修学旅行で見たときよりも小さく感じました。いや、そもそも入れ物自体が大きいからか…???(周りに比較対照物がないので)

しかしながら左右に立ててある燭台の蝶が恐ろしく大きく感じたので、やはり大きいのでしょうcoldsweats02

くぐり抜けると幸運に恵まれる柱の穴には、子供連れの家族が長蛇の列をなしていました。

無理を通して、幸運カモン!

これ、寺院の鉄則ですよねーup

インドとかでもありましたよ。タージ・マハル(かな?)大きな柱を両手で抱えられたら幸運が来るとか。。。できそうでできない、ギリギリの距離感がミソなのだと思います。

Dscn2189Dscn2191

|

Thursday, 08 January 2009

溝にたまった雨水を飲む鹿。

いいんですか、神様の乗り物がそんなんで…sweat01

大仏殿は観光客の方でいっぱいでした。年始早々、春日大社や東大寺にお参りができるなんて豪華ですよね~shineshine

Dscn2176Dscn2187

|

Wednesday, 07 January 2009

奈良公園の鹿です。

昨年訪れたときは春だったこともあり、可愛いバンビがちらほらといたのですが…………すっかり育ってしまいましたweep

東大寺周辺は大人の鹿が多くて怖かったです。。。

フツーに喧嘩とかしてて。。。

Dscn2170 Dscn2175

 

|

Tuesday, 06 January 2009

春日荷茶屋にて厄除け七草粥をいただきました。

私今年が本厄なので、厄落とししないとですよ……typhoon

おみくじは見事大吉でしたので、これでプラマイゼロですかsign02

Dscn2129Dscn2145

|

Monday, 05 January 2009

西大寺からタクシーで移動すること5分。

『鹿男あをによし』で有名になりました朱雀門です。

近くで見るとその大きさに度肝を抜かれますよ。。。

昔の建物は出雲大社もそうですが、大きいのが特徴ですよね。しかも全て木造建築というのが凄すぎます。無いからこそ知恵を絞って政を進めたわけで、そういう意味で昔の人は偉大だと思いますflair

朱雀門の後は春日大社へと足をのばしてみました。

ハート尻の鹿を見つけたので、すかさずパチリ!cameraimpact

Dscn2111 Dscn2124

|

Sunday, 04 January 2009

特別観光大使任命を記念しての植樹だそうです。

観光の語源は神様の後光?から来ているとのことで、「神様ではないですが、僕自身も何かしら皆さんに愛を届けることが出来たらいいなと思います」とライブでもおっしゃっていましたねぇ。。。

まだ若木の細い枝ぶりですが、花が咲いた姿も早く見たいなぁと思いましたcherryblossom

Dscn2105 Dscn2103

|

Saturday, 03 January 2009

昨年に引き続き、西大寺へお参りです。

前回は拝観できなかったご本尊(釈迦如来立像・重要文化財)にもお会いでき、歴史の勉強になりました。釈迦如来立像はとても品格のあるお顔で、かつての栄華を感じさせてくれます。

ご本尊脇の受付には剛さんの写真も飾ってありましたよ。

うぅん、さすがホームグラウンドcoldsweats02

境内に入りまして西大寺幼稚園側右手には、昨秋に剛さんが寄贈されました『ツヨシザクラ』を見ることができます。

Dscn2100Dscn2075

|

Friday, 02 January 2009

元旦は17時開演のコンサートでしたので、終了後奈良へ行きましょうとH井さんと打ち合わせ。

奈良、それは堂本剛ファンのメッカ。関西に来た以上、足を運ばなければなりません。(何故言い切る)

んが、しかし。

甘い!甘かったですヨヨヨ。。。

キンキさんのコンサート(しかもオーラス)が予定通りに終わるはずもなく、なんやかんやで終了したのは21時過ぎ。荷物を預けていたホテルに戻れたのが22時。私たちは荷物を抱えて全力で電車へダッシュしたのでしたsweat01sweat01

ま、間に合ってよかった…shock

Dscn2070

|

Thursday, 01 January 2009

あけましておめでとうございます。
本年も作品共々お付き合いをよろしくお願いいたします。

年末年始は大阪でキンキさんのカウントダウンと元旦コンサートに参加してきました~shine

写真は新幹線の中から撮影した富士山と『BUZZSEARCH』のチョコバナナタルトsign01

コンサートに向けてカロリーも考えずにガツガツ食べてしまいましたよ。。。でも美味しかったですgood『餉餉』のお弁当も美味しかったなぁ。東京駅の地下に『GRANSTA』ができて、新幹線の中で食べられるものの選択肢が増えたのは嬉しい限りですねlovely

Dscn2063

Dscn2069

|

« December 2008 | Main | February 2009 »