« | Main | »

Thursday, 05 March 2009

先日祖父が逝去しました。

享年94歳という大往生っぷりに、孫ながら悲しみもあり安堵もありという最期でした。

ミサの時に神父様が「お別れではないですよ。天国でまた会えるのですから、また会う日までです。」とおっしゃっていたのが、胸にじんわりと沁み入ります…weep

実際に祖父と会話した最後の言葉が

「じゃあ、またね」

でしたので。。。

次の再会がいつになるかは分かりませんが、また会うその日まで…ですね。

さてさて、カトリックのミサではお別れの際に賛美歌を歌ってお見送りをいたします。今回のミサではこんな曲を歌いましたnotes

神ともにいまして 行く道を守り
天(あめ)の御糧(みかて)もて 力を与えませ

また会う日まで また会う日まで
神の守り 汝(な)が身を離れざれ

荒れ野を行くときも 嵐吹くときも
行く手を示して 絶えず導きませ

御門(みかど)に入る日まで 慈(いつく)しみ広き
御翼の蔭(かげ)に 絶えず育(はぐく)みませ

賛美歌405番『神ともにいまして』です。旋律も歌詞もとても美しい曲ですので、気になる方はググッてみてくださいね~wink

|

« | Main | »