« February 2010 | Main | April 2010 »

March 2010

Wednesday, 31 March 2010

昨日に引き続き、飯田橋に見参sign03

今日が誕生日の坂本真綾さん武道館ライブ『GIFT』を観に行くためです。飯田橋から九段下まで歩いたのですが、千鳥ヶ淵縁道の桜がほころび始めていてとても綺麗でした。

真綾さんが生まれた日も桜が満開だったようで…春生まれは素敵だなぁと羨ましい限り。自分の生まれた季節に色とりどりの花が咲いているなんて、贅沢な話ですよねshineshineshine

私は10月生まれなのですが、3時過ぎに生まれたため病室から夕日が射しこんで見えたそうです。オレンジ色に染められた世界、うん、それも悪くはないかも?でもでも、日本人なら桜の季節に憧れますから~。やっぱり春生まれは特別な感じですcherryblossom

それはそうとライブ本編の話をせねば。

選曲は同日発売のベストアルバム『everywhere』を中心に沢山、本当に沢山歌ってくれました。個人的にライブでは初のお披露目となる『blind summer fish』、そしてスペシャルゲスト・菅野よう子さんsign01とのピアノメドレー(約束はいらない、指輪、tune the rainbow、トライアングラー、夜明けのオクターブ、チョコと勇気etc…)が感涙ものでした。

『チョコと勇気』は多部未華子ちゃん主演のチロルチョコCMのために35秒だけ制作されたもの。最後が「バレンタインに~チロルチョコ」なので武道館では「誕生日に~武道館」で締めていましたgood

もう一人のスペシャルゲスト・鈴木祥子さんがドラムで参加してくれた『風待ちジェット』も素敵でした。鈴木さんは曲のイメージから大人しめな方なのかと思いきや、超男前なパフォーマンスに驚愕coldsweats02人を見た目で判断してはいけないですね。。。

アンコールは恒例『ポケットを空にして』の大合唱notesバンドメンバーと隊列をなして歌う真綾さんに去年の七夕ライブを思い出しました…。(あの時の先頭は中島愛ちゃんでしたけれど)衣装も鈴木さんはシックな黒スーツなのに、菅野さんはZEDの主人公みたいな白衣装にアコーディオンで浮きまくり…でもそんな菅野さんが私は大好きですheart04

はー…。

ものすごく濃密で、幸せな3時間半でしたdash

出来ればデビュー15周年の今年だけでなく、毎年武道館で真綾さんのライブが聴きたいなぁ。パンフレットも写真集仕立てで超豪華shineでしたし、一緒に参加していたアイちゃんとメロメロにされていましたもん。

アイちゃんとは帰り道でちょっと真面目な話もしました。『ポケットを空にして』はデビュー当時から歌われている彼女の名曲なのですが、歌詞にあるポケットを空にして旅に出る、というのは年を追うごとに難しくなってくるよねと。

自分の中をリセットするというか、人生の中で積み上げてきた経験、虚栄や欲を捨てて素の自分と向き合うのは本当に難しいことです。でも向き合わないとわからないもの、気がつかないものもこの世には沢山ある。

真綾さんの歌を聴きながら、いつも心のどこかで旅に出たがっている彼女を感じていたのですが、それは逃避ではなくて自己探求心からなのですよね。一人に戻ったときに自分の在り様が見えてくるから旅に出たいという…。

私もそうなのかな?

彼女の向こうに自分を見ていて、本当の自分を探したがっている。防御服に身を固めた「強い」自分よりも、傷つく勇気を持った「弱い」自分に戻りたい。

いつかは、心を全部を空にして歩き出せればいいのにと思います。そういう年のとり方をしてみたい。いかんせん根が小心者なので、無理かもしれませんけれどもももdowndowndown

R0010008

|

Tuesday, 30 March 2010

打ち合わせのため角川書店まで行ってきましたsign04run

飯田橋の桜は蕾もかたく二分咲きくらい、四谷の土手は三分でしょうか?週末には暖かくなるそうですし、今からお花見が楽しみですsun

以下、同人関係の告知です。

HPにて5月4日コミティアの詳細を更新しました。また、diaryがフォレストブログに移行しました。過去記事も載せてありますので併せてよろしくお願いいたしますconfident

『HERBS』のHPはこちらから!
http://id20.fm-p.jp/341/herbs/

『HERBS』のブログはこちらから!
http://fblg.jp/herbs/

|

Friday, 12 March 2010

以前からそのネタ振りがコアすぎて、気になって気になってしょーがなかった『フィギュアスケーターII』。

(※この作品は「ウィキペディア」のパロディサイト「アンサイクロペディア」に記載されています)

360pxfigure_skater_ii

画も凄いのですが、設定も物凄い!私、もしプレイするなら

真央菩薩降臨編
マオが主人公となり、フォースの暗黒面に堕ちてしまったかつての盟友ヨナを救うべく奮闘する。しかしラスボスの銀河点女王が死ぬほど強いので、クリアするのは至難の技だ。何気ない技でも意味不明な大打撃を与えてくる相手に対して、3Aコマンドを完璧に打ち込めるようになるかどうかがクリアの鍵とも言われている。マイという特別キャラクターによる3匹のトイプードルの世話を同時にこなすミッションがある。制限時間内に特上カルビを何皿平らげられるかなどのミニゲームも楽しい。

エフゲニー超人対決編
クリプトン星から地球にやってきた超人エフゲニーが、謎の怪人、仮面の男を倒すまでのストーリー。最後に仮面の男が同郷の超人アレクセイだったとわかるシーンは泣かせる。

をやりたいですね。ヨナ銀河帝国編はプレイするだけで心が暗黒に支配されそうなので避けたいかも。。。

というか、これだけゲーム世界にしっくりくるということは実在する選手の個性がそれぞれ際立っているということなのですよね。そう考えると長野以降の選手陣侮りがたしです。いえ、長野前も大分個性的でしたけれども。。。

そしてプルシェンコ選手の項目…やはり宇宙人ネタ満載!!クリプトン星から地球にやって来た宇宙人スケーターってどんだけですかsweat01

宇宙人高速ステップ…『ニジンスキー』とセットで発動されるとシャレにならないステップ系コンボ。変なバイオリン弾きが画面上に現れるのが合図なので、後方に下がってガードを固めた方が身のためだ。

肉襦袢SexBomb…通称『セッボ』。かめはめ波を撃つ前の亀仙人よろしく、エフゲニーの筋肉がモコモコと巨大化し、シャツが破け金パンツ一丁になる。パワー値が2ランク、PCSがすべて上がる。長い。なかなか終わらない。

浅田選手のファンならアクセルマスターの項目も必見です。

フィギュアスケートという極限の肉体アートを守る為に神より使わされた聖なる戦士であり、それゆえその存在は「人類の限界への挑戦」という、単なる対戦の勝敗以上に重要な使命を帯びている。続編の世界であるISU(Immortal Skater Universe=不滅のスケーター宇宙)がPCSとGOEというフォースの暴走で崩壊しそうになっているのを、トリプルアクセルの楔でつなぎ止める者こそがアクセルマスターであり、勝った時の笑顔も最高だが、それ以上に敗れた時の表情があまりに美しいのは、その崇高な使命ゆえだ。

これ!この説明文に泣けましたーって、ここで泣いてどうする自分なのですがdowndowndown

宇宙初女子SP3A…GOEがあまりつかないとかそういう小さなレベルでは語ることの出来ない偉業。前作のキャラ、トーニャの必殺技『地球初女子SP3A』の強化版であり、魔物相手に決められる女性は宇宙でアクセルマスターだけだ。

宇宙初女子FS3A2…『3A・3A-2T』を決めるコンボ。4年に一度とかそういう小さなレベルでは語ることの出来ない神業。

「エアロ~ティアラ~こまち~真央だよ見てる~」…特に数値に影響を及ぼすことは無いが、この呪文を唱えると隣に座っているタラソワ老師が「エアローティアラーコマチー」と真似してくれるという、珍しいイベントを目にすることができる。

マイのハンカチーフ…傷付き疲れ切ったアクセルマスターの涙を優しく拭ってくれるアイテム。精神値が上昇する。

宇宙人とお揃いの銀メダル…地球とかいう小さな星のレベルでは語ることの出来ない、宇宙人とお揃いの銀色のオーパーツ。なんだかグネグネうねってるぞ。

宇宙人へのキッス…目の前で4回転を披露してくれた宇宙人とアクセルマスターに発生するイベント。ご利益があるかもしれない。このイベントでの宇宙人の表情グラフィックは必見だ。

銀メダル=プラチナメダル…アクセルマスターと宇宙人の首に下がっているメダルは銀メダルではない。プラチナメダルだ。金メダリストよりさまざまなことにチャレンジした英雄に与えられる。

銀盤の女王は銀メダリスト…スケート界のゆっきーながアクセルマスターに送る最大の賛辞。確かにその通り。

宇宙人とお揃いのオーパーツ。(笑)

銀メダルをプラチナメダルと最初に言ったのはプルシェンコ選手の奥様でしたっけ。銀盤の女王は銀メダリストはNHKで太田由希奈さんが言った一言ですよね。とても素敵な言葉だなぁと放送を観ながら頷いていましたconfident

宇宙人へのキッスはEX前の練習?でプルシェンコ選手が浅田選手におねだりして頬にしてもらったもの。こんな感じで裏情報を知るファンにはたまらない『フィギュアスケーターII』。わかる人もわからない人もちょっと読んでいただければハマるかも?しれません。

http://www.youtube.com/watch?v=lSk8mpSdD4w

|

Monday, 01 March 2010

お久しぶりです。

ブログの更新をしないでいた間に五輪が始まり終わってしまいました。。。す、すみませんsweat01sweat01sweat01

本当は開催期間中に色々と書こうかと思っていたのですが、現行ルールに対して考えてしまうことが多かった今大会。私は素直に日本フィギュアスケート界の銀・銅両メダルを喜ぶことが出来ずにいます。

なんて言ってしまったら、尽力した選手陣に大変失礼なのですが。

高橋選手の銅メダルはまだ歓喜の想いで受け取ることが出来ました。(プルシェンコ選手のSP点の低さには不服ですが)浅田選手の銀メダルは…彼女の悔し涙に胸が締めつけられました。

女子フィギュア、もっとも恐れていた悪夢が実現してしまい心が折れそうです。地元チャン選手への加点具合からロシェット選手へのご祝儀も当然あるだろうと覚悟はしていましたが、まさかこれほどまでにクレイジーでスキャンダラスな世界最高得点がキム選手に与えられるなんて!!!4年間ひたすら努力を続けてきた浅田選手の胸の内を考えると涙が止まりません。

10位の選手と同じ演技構成で(ジュニア選手も同構成を跳ぶことが出来ます)男子メダリストの高橋選手(銅)や、プルシェンコ選手(銀)、ライサチェック選手(金)の上をいく得点!あの演技で?????

審判員は何が何でもキムヨナに勝たせたかったのでしょう。(それにしても点数が破格過ぎますが)そして浅田選手がFPで点差を詰めるにはノーミスでもダメで、プルシェンコが代わりに滑っても追いつかず、5A(!)を跳んでも届かないのです。

しかしながら、どこにそれだけの差があるのかは誰にも説明が出来ません。技の精度?出来映え?表現力?

ではウィアー選手の点数はもっと出るべきでしたし、ミスをしたチャン選手の点数も高過ぎておかしくなってしまいます。国際大会の運営上このような一貫性のない採点方式で良いのでしょうか?

神業とも言える浅田選手の3Aコンビネーションと単独ジャンプ。

この記録は今後長きに渡り塗り替えられないと思います。しかし現行ルールでは全く評価されない。そのことは浅田選手もタラソワコーチも十分に理解していました。正攻法では勝てない、けれども正攻法でしか勝ちたくないからこそ彼らは大技を磨き勝負に出たのです。

フィギュアスケートがショーではなくスポーツだからこそ、高く跳び多くを回った人間が評価されるべきだと、持てるだけの力で現行ルールの闇と戦ったのだと思います。それはもちろんプルシェンコも。

あの小さな肩の上に、恐ろしくも様々な思惑と使命が課せられていたのかと思うと、浅田選手が心底不憫に思えてなりません。ミスはあれども、彼女の演技はキム選手のそれよりも幾分も美しく真摯なものでした。私は私の美意識に取り、金メダルは浅田選手のものであったと確信しています。

選手陣はすでに世選へと気持ちを切り替えていると思いますが、私は投書をしたり、署名をしたり、個人のレベルで現行ルールの改善嘆願をしてゆこうと考えています。

『ルール改正をISUに促すために、日スケ連に投書しよう』
http://ameblo.jp/07211005/entry-10471394746.html

相変わらずキム選手はボロボロと取りこぼしがおありのようで、五輪憲章違反の問題も出ていますね。彼女だけ優遇されるのはフェアーではありませんから、これも含めてIOCに処遇を求めてゆきたいです。

以下はキム選手と浅田選手の比較検証動画ですslate

http://www.youtube.com/watch?v=aREKMncjfGU

いかに浅田選手が多く動き、スピンの軸がぶれず(回転速度も速い)、スパイラルの足が高く維持できているのかがわかりますね。キム選手の回転不足と不正エッジも指摘しています。また彼女の助走の多さ、ステップの少なさとスピードの無さなども比べてみると一目瞭然です。

両者のスパイラルでは右手で右足を支えながら進むキム選手よりも、左手で支える(クロスグローブ)浅田選手の方が柔軟性が必要で難易度の高いポジションとされています。

|

« February 2010 | Main | April 2010 »