« | Main | »

Monday, 01 March 2010

お久しぶりです。

ブログの更新をしないでいた間に五輪が始まり終わってしまいました。。。す、すみませんsweat01sweat01sweat01

本当は開催期間中に色々と書こうかと思っていたのですが、現行ルールに対して考えてしまうことが多かった今大会。私は素直に日本フィギュアスケート界の銀・銅両メダルを喜ぶことが出来ずにいます。

なんて言ってしまったら、尽力した選手陣に大変失礼なのですが。

高橋選手の銅メダルはまだ歓喜の想いで受け取ることが出来ました。(プルシェンコ選手のSP点の低さには不服ですが)浅田選手の銀メダルは…彼女の悔し涙に胸が締めつけられました。

女子フィギュア、もっとも恐れていた悪夢が実現してしまい心が折れそうです。地元チャン選手への加点具合からロシェット選手へのご祝儀も当然あるだろうと覚悟はしていましたが、まさかこれほどまでにクレイジーでスキャンダラスな世界最高得点がキム選手に与えられるなんて!!!4年間ひたすら努力を続けてきた浅田選手の胸の内を考えると涙が止まりません。

10位の選手と同じ演技構成で(ジュニア選手も同構成を跳ぶことが出来ます)男子メダリストの高橋選手(銅)や、プルシェンコ選手(銀)、ライサチェック選手(金)の上をいく得点!あの演技で?????

審判員は何が何でもキムヨナに勝たせたかったのでしょう。(それにしても点数が破格過ぎますが)そして浅田選手がFPで点差を詰めるにはノーミスでもダメで、プルシェンコが代わりに滑っても追いつかず、5A(!)を跳んでも届かないのです。

しかしながら、どこにそれだけの差があるのかは誰にも説明が出来ません。技の精度?出来映え?表現力?

ではウィアー選手の点数はもっと出るべきでしたし、ミスをしたチャン選手の点数も高過ぎておかしくなってしまいます。国際大会の運営上このような一貫性のない採点方式で良いのでしょうか?

神業とも言える浅田選手の3Aコンビネーションと単独ジャンプ。

この記録は今後長きに渡り塗り替えられないと思います。しかし現行ルールでは全く評価されない。そのことは浅田選手もタラソワコーチも十分に理解していました。正攻法では勝てない、けれども正攻法でしか勝ちたくないからこそ彼らは大技を磨き勝負に出たのです。

フィギュアスケートがショーではなくスポーツだからこそ、高く跳び多くを回った人間が評価されるべきだと、持てるだけの力で現行ルールの闇と戦ったのだと思います。それはもちろんプルシェンコも。

あの小さな肩の上に、恐ろしくも様々な思惑と使命が課せられていたのかと思うと、浅田選手が心底不憫に思えてなりません。ミスはあれども、彼女の演技はキム選手のそれよりも幾分も美しく真摯なものでした。私は私の美意識に取り、金メダルは浅田選手のものであったと確信しています。

選手陣はすでに世選へと気持ちを切り替えていると思いますが、私は投書をしたり、署名をしたり、個人のレベルで現行ルールの改善嘆願をしてゆこうと考えています。

『ルール改正をISUに促すために、日スケ連に投書しよう』
http://ameblo.jp/07211005/entry-10471394746.html

相変わらずキム選手はボロボロと取りこぼしがおありのようで、五輪憲章違反の問題も出ていますね。彼女だけ優遇されるのはフェアーではありませんから、これも含めてIOCに処遇を求めてゆきたいです。

以下はキム選手と浅田選手の比較検証動画ですslate

http://www.youtube.com/watch?v=aREKMncjfGU

いかに浅田選手が多く動き、スピンの軸がぶれず(回転速度も速い)、スパイラルの足が高く維持できているのかがわかりますね。キム選手の回転不足と不正エッジも指摘しています。また彼女の助走の多さ、ステップの少なさとスピードの無さなども比べてみると一目瞭然です。

両者のスパイラルでは右手で右足を支えながら進むキム選手よりも、左手で支える(クロスグローブ)浅田選手の方が柔軟性が必要で難易度の高いポジションとされています。

|

« | Main | »