« | Main | »

Saturday, 19 June 2010

トリノ世界選手権での各国の実況解説ですtvshineshine

私が知る限りロシア、中国、カナダ、アメリカ、フランス、イギリス、イタリア、フィンランドの複数メディアで浅田選手を擁護する(採点が適正でないと憤る)コメントが見受けられました。

浅田選手の母国である日本では、採点の不可解さには触れずキム選手を一方的にもてはやしていましたね。浅田選手は表現が稚拙であるとか…子供っぽいだとか…。世界とはまるきり逆の印象を視聴者に与えようとしていました。

この国のメディアは一体誰の応援をしているのでしょうか?

スポンサーの中に、キム選手と提携している大企業の名前がありますからそちらの圧力でしょうか。

比較的世界に近い感覚のコメントを出していた伊藤みどりさんも今年になってからは解説に呼ばれていませんし、フジテレビでの荒川静香さんの解説も賞賛部分のみカットされていました。(※BSと地上波の放送を比較しますと、演技後の3A+2TのスローVTRで、荒川静香さんの「高さも十分な3Aに加え、全ての面でパーフェクトでした」という解説部分がどういうわけか消されていることが分かります)

この国で浅田選手を応援するのは思いのほか困難なことのようです。

http://www.youtube.com/watch?v=ddSeFvcnhOM

http://www.youtube.http://www.youtube.com/watch?v=zGAiSNnPkbc

http://www.youtube.com/watch?v=iYc4KsBntIc

http://www.youtube.com/watch?v=SVVHQFCE35A

http://www.youtube.com/watch?v=egLIxVco53w

それにしても会場の歓声がすごいですね。

日本の放送では歓声も低い点数に対するブーイングも小さく絞られていましたが、地元のコストナー選手と同じくらいの拍手をもらっていたのは浅田選手だけでした。欧州ではとくに人気の高い彼女ですから、British Euro Sportの「Yu-Na, Who?」というくだりも失礼ながら頷けてしまいます。

来シーズンもキム選手は(転んでも、回転不足でも、要素が全部抜けたとしても)加点をされてメダリストで居続けることでしょう。しかしながら世界の彼女に対する視線は、恐ろしいほどに冷たくなっています。メダルを取れば取るほどに、批判の対象になっていくことは…たとえ彼女が現役を引退したとしても避けられそうにありません。

|

« | Main | »