« May 2010 | Main | July 2010 »

June 2010

Tuesday, 22 June 2010

『リトル リング Ⅰ 死者からの手紙』発売中!!

皆様ご存知のあの、リングです!!

映画館で貞子を観て眠れなくなったこともある私ですが、時を経てその貞子を描かせていただくことになるとは…人生一寸先はまったくわかりませんsweat01角川つばさ文庫(児童向け)から21日より書店に出ています。

とても面白い内容になっていますので、是非お手にとってご覧になってください。

『角川つばさ文庫』のHPはこちらから!
http://www.tsubasabunko.jp/

『リトル リング』スペシャルページはこちらから!
http://www.tsubasabunko.jp/special/sp1006-a.php

HP冒頭の矢野顕子さんの曲が素敵で、何度も聴きに行ってしまいます。つばさちゃんがまた可愛いのですよ~heart02

|

Monday, 21 June 2010

涙無しでは観られない、フィギュアスケーターによる名言集です。

終盤にあるロロの言葉「長野の三銃士が君にはついてるから」は五輪前の浅田選手によせられた言葉でしたね。ミーシンコーチやタラソワコーチの言葉も心に重く響きます。

人生は他人に勝利するかよりも、与えられた局面で自分をどう活かすかだと思います。現役選手の中にはISUに対して思うことも多くあるでしょう。この逆流で皆模索し、そして成すべき道を選択しているのではないでしょうか。

それが時に無謀に見える決断だとしても、私達に責めることはできません。自分を信じて突き進むこと、それが彼らアスリートとしての自負と誇りなのですから。

http://www.youtube.com/watch?v=CBajZUbW9P8

引き続き浅田選手へ送られた言葉も紹介させていただきます。誰の言葉なのか明記がなくわかり辛いと思いますので、テロップの順番ごとに名前を書いておきましたpencil

山田満知子→ジェフリー・バトル→高橋大輔→タチアナ・タラソワ→ジョニー・ウィアー→浅田舞→フィリップ・キャンデロロ→エルヴィス・ストイコ→浅田真央→ジョアニー・ロシェット→太田由希奈→高橋大輔→小塚崇彦→村上佳菜子→エフゲニー・プルシェンコ→タチアナ・タラソワ→浅田舞→山田満知子

満知子先生の言葉にはいつも愛情が溢れています。プルシェンコ選手も浅田選手がお気に入りなのでしょう、ロシアの練習場に誘っていました。(笑)いつかのインタビューのように彼が4回転を教えてくれたら面白いですね。

http://www.youtube.com/watch?v=iiXc80EGNkM

|

Sunday, 20 June 2010

浅田選手の今季の新プログラムで使う曲目が発表されましたup

FPはリストの『愛の夢』、SPはシュニトケの『タンゴ』だそうです。

実は私、某ファン掲示板『来季に使用して欲しい曲リクエスト』で『愛の夢』に投票した一人でしたので、このニュースにはものすごーく胸を躍らせ歓喜いたしましたheart01heart01heart01

現時点で演奏者が誰になるかまではわかりませんが、個人的には辻井伸行さんであることを期待しております。辻井さんはご自身が出演された番組でも浅田選手のファンであることを公言されていますし、彼の弾くリストは柔らかく品があり浅田選手にピッタリだと思いますので…。

http://www.youtube.com/watch?v=d6GXdWcl6i0

こちらは昨季の浅田選手を振り返るに十分な写真が揃っていますね。五輪での憂いをたたえた表情は観ているこちらも辛かったです。

http://www.youtube.com/watch?v=v8MsZre__-M

そして、こちらも…とても素敵な動画です。本当に何度でも何度でも彼女は諦めずに挑戦し続けました。そして来季も多くのことに挑戦するのだと思います。

http://www.youtube.com/watch?v=XpM90Uacv54

|

Saturday, 19 June 2010

トリノ世界選手権での各国の実況解説ですtvshineshine

私が知る限りロシア、中国、カナダ、アメリカ、フランス、イギリス、イタリア、フィンランドの複数メディアで浅田選手を擁護する(採点が適正でないと憤る)コメントが見受けられました。

浅田選手の母国である日本では、採点の不可解さには触れずキム選手を一方的にもてはやしていましたね。浅田選手は表現が稚拙であるとか…子供っぽいだとか…。世界とはまるきり逆の印象を視聴者に与えようとしていました。

この国のメディアは一体誰の応援をしているのでしょうか?

スポンサーの中に、キム選手と提携している大企業の名前がありますからそちらの圧力でしょうか。

比較的世界に近い感覚のコメントを出していた伊藤みどりさんも今年になってからは解説に呼ばれていませんし、フジテレビでの荒川静香さんの解説も賞賛部分のみカットされていました。(※BSと地上波の放送を比較しますと、演技後の3A+2TのスローVTRで、荒川静香さんの「高さも十分な3Aに加え、全ての面でパーフェクトでした」という解説部分がどういうわけか消されていることが分かります)

この国で浅田選手を応援するのは思いのほか困難なことのようです。

http://www.youtube.com/watch?v=ddSeFvcnhOM

http://www.youtube.http://www.youtube.com/watch?v=zGAiSNnPkbc

http://www.youtube.com/watch?v=iYc4KsBntIc

http://www.youtube.com/watch?v=SVVHQFCE35A

http://www.youtube.com/watch?v=egLIxVco53w

それにしても会場の歓声がすごいですね。

日本の放送では歓声も低い点数に対するブーイングも小さく絞られていましたが、地元のコストナー選手と同じくらいの拍手をもらっていたのは浅田選手だけでした。欧州ではとくに人気の高い彼女ですから、British Euro Sportの「Yu-Na, Who?」というくだりも失礼ながら頷けてしまいます。

来シーズンもキム選手は(転んでも、回転不足でも、要素が全部抜けたとしても)加点をされてメダリストで居続けることでしょう。しかしながら世界の彼女に対する視線は、恐ろしいほどに冷たくなっています。メダルを取れば取るほどに、批判の対象になっていくことは…たとえ彼女が現役を引退したとしても避けられそうにありません。

|

Friday, 18 June 2010

はやぶさ、地球に帰還おめでとうございます~shineshineshine

低予算で制作され、紆余曲折に翻弄されながらも最後まで任務をまっとうした姿に泣かされた日本人は多いかと思います。かく言う私も相当に泣きました…。( ´;ω;`)ブワッ

大気圏突入寸前に撮った地球の写真。

通信が断絶されるギリギリに撮れたそれを、プロジェクトマネージャーである川口淳一郎教授は「センチメンタルなことを言いますが、涙で滲んでいるみたいで正視できなかった」とおっしゃっていました。

ロボットに魂を込めて共感してしまうのは、アトム以来の日本人独特の感傷なのかもしれません。けれどもたった1機であんな遠い場所まで行って、懸命に還ってきたのかと思うと切なくなりますよね。。。

地球の写真はJAXAの特別サイトでより鮮明なものが公開されています。とても綺麗なので是非ご覧になってください。

『ラスト・チャンスの地球撮像』
http://www.isas.jaxa.jp/j/topics/topics/2010/0618_3.shtml

『JAXA』のHPはこちらから!
http://www.jaxa.jp/

それにしても人類初の偉業に対して、どの局も生放送がなかったというのは…downdowndown与党の仕分け業務に対する配慮でしょうが、日本のメディアにはがっかりさせられます。もう少しニーズを、そして何より広い視野で時事を捉えて欲しいですね。

|

Tuesday, 15 June 2010

毎回奈良は駆け足でまわるので、大変です。というか、去年の薬師寺のレポがまだ途中だったことを思い出しました。。。

33度の炎天下、飛鳥でサイクリングをしたのですよ?

正直死ぬかと思いましたが。

というわけで、石舞台の写真などは薬師寺レポの方においおい混ぜてゆきたいと思います。(今回の会場は撮影全般が禁止でしたので)

下はライブを取材してくださった奈良日日新聞さんのカラーグラフです。6月1日から3日間特集を組んでくださいました。この新聞は事前に予約をして取り寄せたのですが、思いのほか多くの方から問い合わせを頂いたらしく未だに発送途中とのことです。

手元に到着後お礼状を出しましたら、丁寧なお返事が届いてビックリsign03

奈良の人は心が温かいって本当だな~と思いましたheart01

R0010105

|

Monday, 14 June 2010

以下は簡単なライブレポです。

会場内は録音機材持ち込み禁止ですので、私の記憶によるところが多いのですがそれでも良い!という方は以下のレポをどうぞ♪興味の持てない方はバビュン!とスクロールしてしまって下さい。

△.・*.・:▼.・*.・:△.・*.・:▼.・*.・:△.・*.・:▼.・*.・:△.・*.・:▼

第13回楽天世界遺産劇場 世界遺産登録支援プログラム 飛鳥・石舞台』堂本剛コンサート
奈良県明日香村 国営飛鳥歴史公園石舞台地区 特設ステージ…5月14日(金)19:00~

▲セットリスト

『NARA~instrumental~』
『Love is the key』
-MC-
『歴史』
『空がなくから』
『ソメイヨシノ』
-MC-
『空 ~美しい我の空』
『春涙』
-MC-
『PINK』
-MC-
『Say Anything』
-MC-
『音楽を終わらせよう』

▲MC覚え書き

当日は奈良公園で鹿寄せ平城遷都1300年祭会場(大極殿を見たり天平衣装を着てみたり、遣唐使船にも乗りましたnotes)→石舞台の超強行スケジュール。さらに日中汗ばむほどの陽気から、夜になるにつれて気温が急降下。ライブ開始時には8度前後とものすごく寒かったです。

昨年の美我空ライブで売られていた剛さんの声紋ストール(空のサビ部分、「あなたを愛してる」の波形)が手放せないほどでした。このストール、大判で地がしっかりしているので念のため持参していたのですが効果絶大。。。有難う、良いストールですsweat01

「本当はちゃんと衣装を用意していたのですが、ありえないほど寒いので私服を着てきました。飛鳥なので、朱雀です」とおっしゃったのは、黒地に赤の刺繍が施されたかなり派手めのジャージ。どよめく会場。剛さん、それは普通私服で着ないですpaper

「石舞台という神聖な場所なので、どういった曲を組み合わせようか悩みました」

立地もありますが、特設ステージの周囲は民家のため、しっとり系の曲が多かった気がします。その代わりにライティングが凝りまくっていましたけれども!!!光の柱が空に向かって数本のびたり、公園の木をピンクに照らしてソメイヨシノに見立てたり…。野外ということで偶然の産物も演出の内、『空が泣くから』では急に雲が晴れて星空が広がったのが印象的でした。

「(『PINK』について)奈良の空は夕方になると紫やピンクに染まるんです。僕は12歳で東京に出て、世間で言う『堂本剛』のイメージにずっと抑えられてきた。何日も眠れない日が続いて、朝方空を見ていたら奈良と同じピンクに染まっていて…。ああ、東京でもピンクの空は見られるんだ。(奈良と)繋がっているんだと思ったら涙が止まらなくなった。空はいつでも僕を勇気づけてくれる、大切な存在です」

「今の日本は政治家に全責任を押し付けているけれど、もっと僕ら一人一人が日本をどうしてゆきたいのか、どこに向かいたいのか考えるべきだと思う。奈良は日本で最初にまつりごと(政治)が始まった場所だから、歴史や文化に学ぶことは…現代人の僕らには多いと思います」

「人生は一度きり、人が何と言おうと自分だけの人生を生きていけばいい」

「恋愛の歌がけして悪いわけではないけれど、皆が恋愛の歌しか作れない音楽界は何かが違う気がする。商売的な話をするとそうではないといけないかもしれないけれど、僕は命を歌いたい。僕の命は一度きり、皆さんの命も一度きり。一度きりの命が今日この場所に集まっているのだから、ステージで本当の歌を歌わないと意味がない」

ライブというよりも、幾分穏やかで静かな空間で…おしゃべりの合間に歌が挿入されて、時折歌の説明や政治の話なども、という運びでした。

私はずっと生で聴きたいと思っていた『音楽を終わらせよう』を聴けたので、もうそれだけで満たされてしまいまして。。。歌の最後に皆で空に手をのばして、不思議な連帯感を感じて、改めて頑張らないとなぁと思いました。

彼は私の心のガソリンスタンドなのかもしれませんcoldsweats01

|

Sunday, 13 June 2010

可愛いですね~。バンビです。

そして並ぶ尻sign03sign03sign03

ライブで剛さんが「GWは寒すぎて鹿もいなくて、いるのは鹿せんべいを売るおばちゃんだけだった」とおっしゃっていたので、ちょうど良い時期に鹿寄せが出来たのかもしれません。

妊娠中の子もいて、大きいお腹がピクピク動いていました。お母さん鹿は重くないのでしょうか?どこの世界も母は強しですcoldsweats02

R0010062 R0010064

|

Saturday, 12 June 2010

翌日は有志20人で朝も早くから鹿寄せを体験sun

綺麗に撮影してくれたH井さん有難う~~~upupup

近くで見ますと、普段は愛らしい鹿さん達も結講な迫力で圧倒されました。(このあと一行は鹿せんべいをむしりとられる羽目になります)愛護会の方曰く、ホルンを吹いても集まる時とそうでない時とがあるようで…この日はいつもより多く集まってくれたみたいです。

『奈良の鹿愛護会』のHPはこちらから!
http://naradeer.com/

http://video.nifty.com/cs/catalog/video_metadata/catalog_100612321152_1.htm

|

Friday, 11 June 2010

奈良観光は剛さんファン6人で周ることが多いので、お食事も縁のものが多くなりますheart01

そういうわけで…

『正直しんどい』で訪れていた『カナカナ』でディナーsign03

いつも大混雑の人気カフェなのに、空いている時に入れたのはラッキーでしたgoodshine

セットメニューは野菜中心で食べ応え十分。写真には撮りませんでしたが、デザートも美味しくお薦めです。私が食べたのは手作りのバナナケーキ。他にもワッフルやフォンダンショコラなどがあり、素材を生かした濃厚な味が楽しめますrestaurant

食後はホテルで『玉兎』のきなこだんごに舌鼓。(こちらは剛さんが『食わず嫌い王』でお土産にされていたものです)近鉄奈良駅で購入しましたが、数に限りがあるため確実に買いたい方はお昼頃に行かれた方がいいと思います。素朴でやさしい味わいのおだんごですよdelicious

『カナカナ』のHPはこちらから!
http://www.trafika.jp/kanakana/

R0010039

|

Thursday, 10 June 2010

正倉院の次に訪れたのは書道用具の老舗・古都園さん。剛さんが『美我空』プロジェクトの折に筆を買いに来たことでファンの間で有名になりました。

奈良は筆、墨、紙が名産のため、書道をされている方には嬉しい場所でもありますね。去年は改装中で来店できませんでしたので、ようやく念願が叶いましたshineshineshine

R0010038

|

Wednesday, 09 June 2010

とは言っても実際に行ったのは5月ですがsweat02

楽天・世界遺産劇場で、堂本剛さんが明日香村の石舞台古墳にてライブをされると聞き…またまた奈良まで出向いた次第です。

ちょうど1300年祭が始まったばかりでしたので、街のそこかしこでせんとくんを沢山見ましたcameraimpact

登場時にあれだけ物議を醸し出したいでたちも、今や全国的に当たり前のように受け入れられていますね。

恐るべし順応性の高さ。さすが大和の子。。。

ちなみにこのナンバープレートカバーは正倉院の前に待機されていたハイヤーさんのものです。黄色が目を引いてとても可愛いですね!遷都会場にてグッズとしても売られていますので、行かれる方は是非お土産にどうぞ~presentheart04

R0010035

|

Tuesday, 08 June 2010

奈良・平城遷都1300年祭に行ってきました。

『平城遷都1300年祭』のHPはこちらから!
http://www.1300.jp/

R0010075 R0010078

|

Sunday, 06 June 2010

お久しぶりです~。

ほぼ1ヶ月更新なしのこの有様。。。

も、も、申し訳ありませんsweat01sweat01sweat01

〆切とか色々と重なりまして、ちょっと更新しづらい状況でした。

さて、HERBSのHPでもお知らせいたしましたが

夏コミのスペースを無事頂けましたshineshineshine

8月15日(日)
スペース:東京ビッグサイト西地区 ほ01b
サークル名:HERBS(はーぶす)


にて参加予定です。
是非おいでください。

一応新刊予定ですが、、、なにぶんこれから準備しますのでどうなることやら…coldsweats01

頑張りますsign03punch

『HERBS』のHPはこちらから!
http://id20.fm-p.jp/341/herbs/

『HERBS』のブログはこちらから!
http://fblg.jp/herbs/

|

« May 2010 | Main | July 2010 »