« | Main | »

Thursday, 02 September 2010

最近プルシェンコ選手の話題を連続してお伝えしているので、今日は彼の動画をいくつか紹介したいと思います。

私が初めてプルシェンコ選手を観たのは1998年のNHK杯でした。応援していた本田武史選手が日本人として初めて競技会での4回転を成功させ、プルシェンコ選手に次いで2位となった大会でしたのでよく覚えています。当時16歳の彼はまだ幼さの残る美少年、ファンの間でもロシアから来た王子様として親しまれていました。

しかし、この王子様只者ではありません。

出だしでいきなり4T-3Tとか跳んできます。続いて3A-3T、3A、3Lz-2F…。この鬼プロを顔色ひとつ変えずに滑りきり(最後はちゃっかりと観客も煽りつつ)男子では珍しいビールマンスピンでフィニッシュ。史上最年少でフルマーク獲得。。。

人じゃない。

こうして日本での彼の愛称は尊敬と畏怖をこめて『宇宙人』となったのです。(笑)

※コメントを流さずにご覧になりたい方は、動画再生後右下の「…」をクリックしてください。また画面下に広告が出ますと字幕が読めない場合がありますので、広告の右上の×印をクリックして消すことをお薦めします。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm7124173

彼を語る上で2004年の『ニジンスキーに捧ぐ』は外せません。芸術点オールフルマークの偉業もしかりですが、ニジンスキーが降りてきたかのような気迫と卓越した表現力はこれがスケートの試合であることすら忘れさせてしまいます。まさに皇帝の名にふさわしい、今も多くのファンの間で伝説として語られているプログラムです。

http://www.youtube.com/watch?v=kkhn4KbisJc

|

« | Main | »