« | Main | »

Friday, 19 November 2010

NHK杯終了後、マスコミからぱたりと浅田選手の姿が消えました。きっと今頃は月末にあるフランス杯に向けて血の滲むような練習をされていることと思います。もとより佐藤コーチは基礎練習を重視される方ですから、ジャンプの修正や改善も上手に指導してくださるのではないでしょうか。

世界女王に返り咲いた昨季、彼女が次の目標にジャンプ矯正をあげたことはフィギュアファンの間でも特別驚くことではありませんでした。ジャンプのDG判定が足枷になって点数の伸び悩みを抱えていた浅田選手でしたから、いずれはこういった局面が来ると覚悟していたのだと思います。ただ全種類というのは…予想以上でしたが。。。

しかしながらソチでメダルを狙うのであれば、より正確に高度な技術を多くこなしていかなければいけません。ですから2年かけてジャンプの修正をしてゆくことは、将来に向けて大きな意義があるといえます。

目先の勝利にこだわらず、長いスパンで見てより良い結果が出せればいい。浅田選手が集中して練習を出来ますよう、私も応援してゆきたいと思います。

それにしても、一度完成したジャンプスタイルを変えるということは、おそらく右利きの人が左利きに変えるくらいに困難なことではないでしょうか。安藤選手やコストナー選手、ロシェット選手ら世界のトップ選手でさえ、矯正には何年も時間がかかりましたし、それを全種類というのは…考えるだけでため息が出てしまいます。

矯正の大変さを思ってでしょうか、NHK杯試合後のインタビューで樋口豊先生が涙を零される場面がありました。先生は小さいころから浅田選手をご存知な分、彼女の努力と健気さに強く胸打たれたのだと思います。隣にいらっしゃる太田由希奈さんも、自らの経験と重ねてコメントされていますが、どれもとても温かい言葉で…浅田選手同様放送を観ていたファンも癒されました。

ファンによる応援動画も続々とUPされていますのでご紹介いたします。

歌詞の内容がフィットとしていますね。それに愛情のこもった編集で本当に素敵な動画です。長く辛い日々も、目指す道へのたしかな1歩ずつになりますように…今は心から祈るばかりです。

http://www.youtube.com/watch?v=NSAtc5zVHzI

|

« | Main | »