« December 2010 | Main | March 2011 »

January 2011

Friday, 14 January 2011

風邪のお見舞いに松沢まりさんからアップルジンジャーのハーブコーディアルを頂きました。カルピスのような希釈液なのですが、お湯割りで頂くと甘ずっぱくてとても美味しい!cafeheart04ジンジャーも入っているので寝る前に飲んで身体をポカポカにしています。

本当に美味しいので、飲み終わったらラズベリーミントを購入しようかしら。

R0010288

|

Tuesday, 11 January 2011

サクラペトロのオーナーなぎさんは、6年来の友人でもありハナちゃんのトリマーさんでもあります。いつもツヤツヤサラサラ~にしてくれて有難うshineshine

背面には愛犬のチャコちゃんも参加して頂きましたheart01

車と店名ロゴタイプは無事終わりましたが、まだ紙媒体が数件残っています。名刺とかスタンプカードとか料金表とか…ひ、引き続き頑張らないとですよ。。。

R0010278 R0010276

|

Monday, 10 January 2011

私がデザイン、アイちゃんがデータ作成を担当しました。二人とも同じデザイン専門学校にいたので、課題制作が思い出されますね。

R0010274 R0010279

|

Sunday, 09 January 2011

アイちゃんと二人でデザインしましたトリミングカー。先日納車されましたので写真を撮ってきました。うーん、可愛い!愛犬ハナちゃんも試運転でカットしてもらいましたよ~heart04

R0010283 R0010271

|

Thursday, 06 January 2011

全日本で浅田選手が復活をとげるまで、本当に沢山の応援動画がUPされました。個人的に思い入れのある物も含めてご紹介いたします。

まずは浅田選手を応援する理由を聞いてみた動画。

ファンの方のメッセージに思わず「そうそう!」と頷いてしまいました。試合での勝利はもちろん嬉しいのですが、高い技術を持ちながらけして慢心しない…真摯な姿勢が彼女の一番の魅力なのだと思います。

http://www.youtube.com/watch?v=T4AiIk0oN-M

こちらは佐藤コーチに出会うまでの軌跡をまとめた動画。

厳しい指導の中にも選手を気遣う言葉がある佐藤夫妻は長きに渡り日本のスケート界を牽引してきました。今は小塚選手と浅田選手、奇しくも幼なじみ同士の選手を抱えています。(リンクでは二人共意見を出し合い切磋琢磨しているようで、充実した練習環境にあるようです)その責任と重圧たるや大変なことと思いますが、これからも若手を育ててほしいと願います。

http://www.youtube.com/watch?v=3DF_VS-i4-0

そして、フィギュア界きっての追っかけといえば、昨年のスケートアメリカで銅メダルに輝いたアーミン・マーバヌーサデー選手ですね。彼は浅田選手のプログラム曲が発表されるとすぐに練習を始めたのか(スケートの練習はどうしたの!)ピアノでも彼女への想いを熱く語っています。

彼には是非全米選手権を勝ち抜いて、来日してほしいですね。今度こそ浅田選手に花束を渡してほしいです。(2008年のGPFでは上手く渡せなかったようなので)

http://www.youtube.com/watch?v=QxCEthvxfwY

最後は今季の浅田選手の道のりを中心にした動画。

こうして振り返ってみると、まるで物語の主人公のようです。いくつもの試練を超えて強く気高くなってゆくというのが…宇宙人なお兄さんもいますし。(笑)世界選手権の前に四大陸がありますから、そこでもう一つ調整をして3月には満面の笑顔で滑りきって欲しいです。

各制作者様方、素敵な動画を有難うございました!!

http://www.youtube.com/watch?v=N3XsrLAN9Yg

|

Wednesday, 05 January 2011

あけましておめでとうございます。

12月は体調を崩していたこともあり、更新が停止してしまい申し訳ありませんでした。冬コミ会場でも色々な方にご心配をおかけしてしまったみたいで…す、すみませんsweat01お声かけ下さった皆様、お気遣いを有難うございました。

まだ少し咳が残るのですが、比較的元気に過ごしています。(元旦のKinKiライブも参加出来ました)拙ブログではありますが、本年も宜しくお付き合いをお願い申し上げます。

さて、全日本選手権も無事終わりました。浅田選手も世界選手権への切符を手にし、ファン共々一安心ですね。

フィギュアスケートの大会は数あれども、その選手層の厚さから全日本が一番面白いのではないかと思います。若手の中では庄司理紗選手や羽生結弦選手が頭角を現してきました。この二人は技術は言わずもがな音楽の捉え方が上手ですね。細かい音も表現出来るし、音楽を選ばずに踊れるというのも頼もしいです。今季の羽生選手のEXはU2の「Vertigo」を使用したプログラムでしたが、大変色気があってTVの前でドキドキしてしまいました。(まだ若いのに!)

正確なスケート技術を持つ小塚選手、氷上のダンサーと称される高橋選手、運動能力に長けた織田選手の諸先輩とは違う魅力を有していて、今から成長が楽しみな選手です。

浅田選手は苦手だったフリップやループが決まるようになりました。演技全体の流れも良かったですし、結果も残せたのでジャンプ改良をしながらのシーズン中盤としては上出来ではないでしょうか。

来る3月の世界選手権、キム選手も参加予定のようですが…正直なところどうなるかわかりません。というのも、シーズンを通して一度も大会に出ずに世界選手権だけを目標にするというのは戦略的に非常にリスクが高いからです。(ルール改正後、自身のプログラムがジャッジにどう評価されるのか分からないまま滑らなくてはいけないので)

フィギュアの世界で、GPよりも五輪よりも価値があると言われる世界選手権。彼女は過去に一度その栄誉に輝いていますが、挙がっている動画を観る限りまだ充分にプログラムを滑り込んでいないようですし、スピンもトラベリングしています。もしかしたら仕上がり次第では棄権もするかもしれません。

個人的にチケットは取りたいし、他選手も生で観たいのですが、彼女が出るとなるとまた不可解な審査になりそうでそら恐ろしくさえ感じます。フェアーなジャッジ、クリアーな説明を審査員には望みたいです。

|

« December 2010 | Main | March 2011 »