« | Main | »

Wednesday, 15 June 2011

声優の川上とも子さんの訃報を聞き、なるべく早くお悔やみの言葉をと思っていたのですが…まだ現実に掴め切れない感じで今日になってしまいました。

川上さんは私がデビューする前からアニメでよく拝聴していました。明るくて真っすぐでくもりの無い声が大好きで、過度でない自然な演技が特にお上手でした。そしてどの役を演じる時もキャラクターの深部まで想い、理解して演じている方でもありました。

『ヒカルの碁』のイベントでは塔矢アキラ役の小林沙苗さんとヒカルやアキラの性格について熱く語っていらっしゃっていて、…心から作品を愛しているんだなと一ファンながら嬉しく感じたものです。

いつかご一緒にお仕事をさせて頂きたかった。
早すぎる別れが、どうして今なんだろうと悔しくなります。

同じヒカ碁ファンの友人とは「きっと佐為が迎えにきてくれたよ。向こうでも楽しく過ごしているよ」と慰め合いました。

ヒカルの目の前から消えた佐為が、ヒカルの碁の、その中に隠れていたように…彼女も作品の中で生き続けていると信じています。新しい声を聞けなくなるのは寂しいけれど、今まで沢山の声を残してくれたから大丈夫。

とも子さん、どうかいつまでもキャラクターのそばにいて下さいね。
そして長い間本当に有難うございました。

|

« | Main | »